無人契約機の審査とは

キャッシングで、無人契約機のほうが店頭より審査基準が甘いと考えるかもしれませんが、そんなことはありません。
店舗での審査基準も無人契約機での審査基準も同じものであり、店舗でだめなら無人契約機でもだめだと思っていいでしょう。
ただし、手軽さという点においては自動契約のほうが利用しやすいといえます。
条件によっては主婦のローンもみとめられる場合がありますので、キャッシングに対して希望が持てますね。
なんせ、本人確認書類と収入証明書類があればカード発行ができるわけですから、誰でも簡単に利用しやすいように思えます。

ところが、審査の基準は自動契約だけが甘くなるものではありません。
店舗の同じ基準が採用され、自動契約だからといってお目こぼしがあるわけではありません。
評価の基準は次のようなものです。
年齢をはじめ、職業、職種、勤務先の規模、年収、居住状況、家族構成、借り入れの履歴といったものです。
この中で重要な項目は、年収と借り入れの履歴です。
年収はもちろん多いほどいいのですし、借り入れの履歴では、過去に自己破産の履歴などがあると不利になります。
過去の借り入れ状況や金融事故については、個人信用情報センターから情報をチェックすることが可能で、これをごまかすことはできません。
チェックによって必ず明らかにされるものであり、もし該当する履歴があれば評価は厳しくなります。

なお、無人契約機は借りやすくて、店舗では借りにくいというイメージもありますが、そんなことはありません。
どちらも同じ評価基準が適用されており、有人か無人かの違いしかありません。
ただ、有人である店舗では返済のアドバイスを受けることが可能な点、無人よりも計画的に借りることができるメリットがあります。

一方、無人契約では人と対面しなくてもいいというメリットがあります。
人と対応する煩わしさを嫌う人にとっては、無人契約のほうが利点が大きいでしょう。
なお無人契約なら専用ATMからの返済も行うことができます。
また地方都市には店舗が少ないという事情もあり、大都市から離れれば離れるほど無人契約のほうが利用しやすくなるといえます。
それでも評価の基準は変わることがありません。