キャッシングの審査は年齢も関係します

消費者金融のキャッシングは比較的審査が甘めなところから、手軽にお金を借りられる方法として大勢の利用者がいます。しかし、いくら消費者金融のキャッシングの審査が甘めだからといって、申し込みをした人のすべてが審査に通過できるというわけではありません。各消費者金融が独自に設定している条件を満たしていない場合には、審査に落とされてしまうこともあるのです。
消費者金融のキャッシングの審査に通過するために最も大事なのが安定した収入があるということです。収入はそのままキャッシングの返済に関わってくるため、安定した収入がない限り審査に通過することはありません。前述したように安定した収入があるということがとても大事なことですが、安定した収入を得るためにはきちんとした職場に勤めている必要があります。この場合、正社員が一番条件を満たしていることになりますが、たとえアルバイトや派遣社員などの非正規雇用者として働いている人であったとしても、安定した収入があるという条件を満たしている限り特に問題はありません。
また、あまり知られていないことかもしれませんが、キャッシングの利用にあたっては年齢制限が設けられています。年齢によっては利用できないこともあるのです。
キャッシングを利用するにあたっては、未成年者ではないことが条件となっています。未成年者の場合、たとえ働いている人であっても保護者の同意なしに金銭の賃借の契約を結んだ場合、その契約は保護者が一方的に白紙に戻すことが法律によって認められているからです。そのため、未成年者はキャッシングを利用することができません。